今年最後の記事は、来年使う手帳のお話です。


2015年は無印良品の手帳を使っていましたが、
結局ほとんど使わないまま終了ということになってしまいました。

というわけで2016年の手帳は、
あんまり書かなくても後悔しないように、お金をかけない方針で考えることにしました。

お金をかけないなら……100均しかありません。
そこでダイソーの通称ダイスキンのDIARYタイプをチョイスしました。
 IMG_0787
ネイビーです。
本当は黒が良かったのですが、在庫が残っていませんでした。


中身についてはいろんなサイトやブログで書かれていますので、
ざざっと紹介するのみにしたいと思います。

月間スケジュール

IMG_0919

週間スケジュール+ノート([縦]4.0mm×[横]3.5mm方眼)

IMG_0920

5mm横罫ノート

IMG_0921

所有者情報記入欄

IMG_0922


という感じの作りです。


しおりは青色。
後ろに写っているのは、さっき紹介しなかった年間カレンダーのページです。
IMG_0924


このように、108円にしてはよく出来ており、デザインも悪くありません。
ですが、個人的な問題が1つあります。それは……。

ゴムバンドの色! 
IMG_0787
(※一番最初の写真と同じです)
 
ゴムバンドの色がどうにも……、落ち着きがもう少し欲しくなりました。

ちなみに去年に比べればかなりマシみたいです。
[Googleで「ダイスキン ダイアリー カラー 2015」を検索] 

というわけで、ゴムバンドを黒く塗ってみました。

それがこちら。
IMG_0918
どうでしょうか、これで落ち着いた感じになったのではないでしょうか。

こういう大胆な事ができるのも。100均だからでしょうか。
(ミスしても比較的少ない後悔で済むので)

ちなみに手帳には付いていることが多い、ポケットは一つもありません。
なので必要な人は自作するなり工夫が必要そうです。

100均なので紙質は薄めですが、
インクが裏に抜けることもなく、十分な品質だと思いました。

ハードカバーなので立ったままで筆記も可能だと思われます。
(モレスキン風なので当たり前と言われれば当たり前ですが)


というわけで以上紹介でした。



2015年、ブログを始め気がつけばそこそこアクセス数も増え、
何かと達成感ある活動ができたと思います。

約半年間でしたが、見ていただきありがとうございました。
スローペースですが、ネタがあるかぎり、ふらふらと来年も書いてみるつもりですので、
良ければ覗いてみてくださいね。

以上solでした。良いお年をお迎えください。 o(_ _)o
このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりにイオンに行くことができたので、
文房具コーナーを見てみようと思い、実際見てみると、
ノートコーナーの多くがトップバリュ製品!(トップバリュ→イオンのプライベートブランド) 

こんなにたくさん展開しているとは知りませんでした。

リングノート、B5/10冊で300円未満の激安ノート、ルーズリーフなどなどありますが、
特に私の目を引いたのが、
クラフト表紙ノート A6 です。買っちゃいました。
IMG_0681
A6です。もう一度言いますがA6です。

写真左が、6mm横罫(B罫)。写真右は、無地です。

なぜこんなに強調するのかというと、
A6の無地のノートが全然売ってないからです!

あのキャンパスノートにも、「無地のA6サイズ」はありません。
私が知っているのは、
・無印良品「再生紙ノート A6 無地」
・無印良品「文庫本ノート」
・コクヨ「文庫本ノート 無地」
・ミドリ「MDノート 文庫サイズ 無罫」
ぐらいです。
※リングノートは対象外としました。リングの有無は大きいので。

文庫本ノートは通常のノートとは若干違う立ち位置で、
しおりがついていたり、表紙がやわらかく、ページをパラパラとめくりやすくしている、
など、違いがそれなりにあります。
(しおりを不要と感じるか、表紙の薄さを耐久性がないと考えるか、ページがめくりやすいと考えるかは、人それぞれです。 )

そして、MDノートですが、お高めのノートになるので、それこそ立ち位置が違います。


A6ノート自体はそれなりに売っているのですが、
横罫が入っているものが多く、なかなか無地がありません。


そんな貴重なA6無地ノート、あわせて6mm横罫の方も、細かく見ていきましょう。
IMG_0682
左が6mm横罫、右が無地。
日本製です。
品番は、「KHN-A6B」と「KHN-A6W」ですね。
「KHN-[サイズ][印刷タイプ]」ということだと思われます。
(K=クラフト、H=表紙、N=ノート……?)

ちなみに私が見たところでは、
A6サイズのA罫(7mm横罫)はありませんでした。
売ってないのか、単なる在庫切れなのかは不明です。 

そのほか、B5やA4サイズもありましたが、どのタイプだったかは忘れてしまいました。 

開いたところの写真。
IMG_0683
製品情報としては書かれていませんでしたが、48枚の96ページです。結構多いですよね?

綴じ方は、無線とじ。キャンパスノートなどと同じ綴じ方ですね。

紙質は、すごく良くて、ザラザラ感をできるだけ減らしたキャンパスノートのような紙質です。

ぶっちゃけ、コクヨのOEMっぽいなと思っていたのですが、
キャンパスノートを超える勢いなので、びっくりしています。


ちなみに横罫印刷は、最近主流になりつつある薄めの印刷です。
以下のキャンパスノートの写真と比べてみてください。
IMG_0686
最近はこのタイプの印刷が減った気がしますが、
廉価タイプのコクヨOEMノートではよく見かけます。


というわけで以上、イオンに売っていた、
トップバリュ「クラフト表紙ノート A6」の紹介でした。

ごちゃごちゃ書いてしまったので、最後に商品情報を整理します。

「トップバリュ クラフト表紙ノート A6」

品番:KHN-A6W(無地),KHN-A6B(B罫)
サイズ:A6
枚数・ページ:48枚・96ページ
製造国:日本
価格:88円(税込)


えーと、88円です!安い!
文庫本ノートは100円以上しますし、MDノートは高い。
無印の再生紙ノートは、74円で少し安いですが、60ページですし、
(再生紙の温かみのある雰囲気が好きなら変わってきますが、)紙質では勝てないと思います。

いろんな意味でびっくりさせられました。

値段的にも品質的にも入手のしやすさ(イオンは多いですし)的にも、おすすめです。

ここまで褒めまくるとステマっぽくなってきますが、ステマではありません。
ネット検索しても全然出てこないので、知ってもらえたらいいなと思って記事を書いてみました。
[追記]記事がありました。
トップバリュのノートを侮ってましたm(_ _)m | 我流天晴 ReBORN
更新日などからすると、このノートは新商品なのかもしれませんね。
(追記終わり)

A6ノート使いの人には(色んな意味で)ありがたい1冊になると思います。 おすすめです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファミレスに行く機会があったのですが、
その際、ちょっとしたメモを書くのに、何かないかな、と、
設置されていた紙ナプキンを使ってみたところ、
これが思いのほかいい感じで、一種の可能性を感じました。

 IMG_9900
薄めの紙で、なんだか書くには頼りない気もしますが、
光沢感があって、ゲルインキボールペンなんかだと相性割と良く、
メモもはかどりました。

(テーブルの大きさに対しても、)
閉じて使ってもよし、開いて使ってもよし、という絶妙なサイズで、
相手に何かを書いて示すのにも、使いやすかったです。


もしかしたら、広く一般的に行われているのかもしれませんが、
またファミレスなんかに行く機会があれば、積極的に使っていきたいなと思いました。

ただ、筆記用具は置かれてない場合が普通でしょうから、それは持参しましょう(;´∀`)

以上、solでした。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ