こんにちは、お久しぶりです。solです。

長らくおやすみしておりました。生きております。
お寄せ頂いたコメントも、読ませていただいております。
ありがとうございます。

今日は気が向いたので、久しぶりの更新です。
IMG_5665
写真に写っているのは、伊東屋「イートンペンシル」です。
"Helvetica" と印字されていますが、
これは、有名なローマ字フォントの名前です。

Helveticaの持つシンプルさや、世代・性別を問わない普遍性に影響を受け、
同じ名前をオリジナル文具のシリーズ名にすることになったのだとか。

ちなみに、Helveticaは誰もが一度は目にしたことがあるはずで、
大手企業のロゴや、iOSのシステムフォントとして採用されるほどです。


さて、デザイン以外は普通に見えるこの鉛筆。
実は、お尻部分の黒い消しゴムがなかなかに使えるのです。
IMG_5667
字の消えやすさとしては、流石に普通の消しゴムには及びませんが、
消しやすさとしては、最高に優れています。

なぜか?
実はこのような構造になっているからです。
IMG_5676
単に消しゴムがくっついているのではなく、
鉛筆部分から延長された木軸が、消しゴムを支えています。
これによって、消す際に負荷がかかっても、
安定感があり、結果的に消しやすさにつながっています。


ちょっと間違えて書いてしまった時に、
ひゅっ、とひっくり返して消す感覚は、
PCで作業している時に使う、
Ctrl+Z(元に戻す のショートカットキー)に似たものを感じます。


ちなみに欠点もあります。
それは最後に見せた写真の通り。
消しゴムが取れてしまうことです。

普通に使う分には問題ないと思うのですが、
私の場合は、
消しゴム側はめたキャップを抜く時に、
鉛筆部分だけが抜けて、消しゴムだけがキャップの中に残る。
というように消しゴムが取れてしまいました。

キャップを使う際には、この点を注意したほうが良いかと思います。


というわけで、以上、「イートンペンシル」の紹介でした。

シンプルなデザインを求めて使うもよし、
消しゴムの機能性を求めて使うもよしの、
グッドな鉛筆でした。

お値段は、1本75円(税込)※執筆時点 という、
鉛筆としては特別安くはありませんが、
1本を大切に使っていくのには、ちょうどいいお値段ではないでしょうか。
(あんまり安いと雑に扱ってしまいますしね)


以上solでした。
書き心地は、好みが別れるかもしれないけれど、私は好きです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年最後の記事は、来年使う手帳のお話です。


2015年は無印良品の手帳を使っていましたが、
結局ほとんど使わないまま終了ということになってしまいました。

というわけで2016年の手帳は、
あんまり書かなくても後悔しないように、お金をかけない方針で考えることにしました。

お金をかけないなら……100均しかありません。
そこでダイソーの通称ダイスキンのDIARYタイプをチョイスしました。
 IMG_0787
ネイビーです。
本当は黒が良かったのですが、在庫が残っていませんでした。


中身についてはいろんなサイトやブログで書かれていますので、
ざざっと紹介するのみにしたいと思います。

月間スケジュール

IMG_0919

週間スケジュール+ノート([縦]4.0mm×[横]3.5mm方眼)

IMG_0920

5mm横罫ノート

IMG_0921

所有者情報記入欄

IMG_0922


という感じの作りです。


しおりは青色。
後ろに写っているのは、さっき紹介しなかった年間カレンダーのページです。
IMG_0924


このように、108円にしてはよく出来ており、デザインも悪くありません。
ですが、個人的な問題が1つあります。それは……。

ゴムバンドの色! 
IMG_0787
(※一番最初の写真と同じです)
 
ゴムバンドの色がどうにも……、落ち着きがもう少し欲しくなりました。

ちなみに去年に比べればかなりマシみたいです。
[Googleで「ダイスキン ダイアリー カラー 2015」を検索] 

というわけで、ゴムバンドを黒く塗ってみました。

それがこちら。
IMG_0918
どうでしょうか、これで落ち着いた感じになったのではないでしょうか。

こういう大胆な事ができるのも。100均だからでしょうか。
(ミスしても比較的少ない後悔で済むので)

ちなみに手帳には付いていることが多い、ポケットは一つもありません。
なので必要な人は自作するなり工夫が必要そうです。

100均なので紙質は薄めですが、
インクが裏に抜けることもなく、十分な品質だと思いました。

ハードカバーなので立ったままで筆記も可能だと思われます。
(モレスキン風なので当たり前と言われれば当たり前ですが)


というわけで以上紹介でした。



2015年、ブログを始め気がつけばそこそこアクセス数も増え、
何かと達成感ある活動ができたと思います。

約半年間でしたが、見ていただきありがとうございました。
スローペースですが、ネタがあるかぎり、ふらふらと来年も書いてみるつもりですので、
良ければ覗いてみてくださいね。

以上solでした。良いお年をお迎えください。 o(_ _)o
このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりにイオンに行くことができたので、
文房具コーナーを見てみようと思い、実際見てみると、
ノートコーナーの多くがトップバリュ製品!(トップバリュ→イオンのプライベートブランド) 

こんなにたくさん展開しているとは知りませんでした。

リングノート、B5/10冊で300円未満の激安ノート、ルーズリーフなどなどありますが、
特に私の目を引いたのが、
クラフト表紙ノート A6 です。買っちゃいました。
IMG_0681
A6です。もう一度言いますがA6です。

写真左が、6mm横罫(B罫)。写真右は、無地です。

なぜこんなに強調するのかというと、
A6の無地のノートが全然売ってないからです!

あのキャンパスノートにも、「無地のA6サイズ」はありません。
私が知っているのは、
・無印良品「再生紙ノート A6 無地」
・無印良品「文庫本ノート」
・コクヨ「文庫本ノート 無地」
・ミドリ「MDノート 文庫サイズ 無罫」
ぐらいです。
※リングノートは対象外としました。リングの有無は大きいので。

文庫本ノートは通常のノートとは若干違う立ち位置で、
しおりがついていたり、表紙がやわらかく、ページをパラパラとめくりやすくしている、
など、違いがそれなりにあります。
(しおりを不要と感じるか、表紙の薄さを耐久性がないと考えるか、ページがめくりやすいと考えるかは、人それぞれです。 )

そして、MDノートですが、お高めのノートになるので、それこそ立ち位置が違います。


A6ノート自体はそれなりに売っているのですが、
横罫が入っているものが多く、なかなか無地がありません。


そんな貴重なA6無地ノート、あわせて6mm横罫の方も、細かく見ていきましょう。
IMG_0682
左が6mm横罫、右が無地。
日本製です。
品番は、「KHN-A6B」と「KHN-A6W」ですね。
「KHN-[サイズ][印刷タイプ]」ということだと思われます。
(K=クラフト、H=表紙、N=ノート……?)

ちなみに私が見たところでは、
A6サイズのA罫(7mm横罫)はありませんでした。
売ってないのか、単なる在庫切れなのかは不明です。 

そのほか、B5やA4サイズもありましたが、どのタイプだったかは忘れてしまいました。 

開いたところの写真。
IMG_0683
製品情報としては書かれていませんでしたが、48枚の96ページです。結構多いですよね?

綴じ方は、無線とじ。キャンパスノートなどと同じ綴じ方ですね。

紙質は、すごく良くて、ザラザラ感をできるだけ減らしたキャンパスノートのような紙質です。

ぶっちゃけ、コクヨのOEMっぽいなと思っていたのですが、
キャンパスノートを超える勢いなので、びっくりしています。


ちなみに横罫印刷は、最近主流になりつつある薄めの印刷です。
以下のキャンパスノートの写真と比べてみてください。
IMG_0686
最近はこのタイプの印刷が減った気がしますが、
廉価タイプのコクヨOEMノートではよく見かけます。


というわけで以上、イオンに売っていた、
トップバリュ「クラフト表紙ノート A6」の紹介でした。

ごちゃごちゃ書いてしまったので、最後に商品情報を整理します。

「トップバリュ クラフト表紙ノート A6」

品番:KHN-A6W(無地),KHN-A6B(B罫)
サイズ:A6
枚数・ページ:48枚・96ページ
製造国:日本
価格:88円(税込)


えーと、88円です!安い!
文庫本ノートは100円以上しますし、MDノートは高い。
無印の再生紙ノートは、74円で少し安いですが、60ページですし、
(再生紙の温かみのある雰囲気が好きなら変わってきますが、)紙質では勝てないと思います。

いろんな意味でびっくりさせられました。

値段的にも品質的にも入手のしやすさ(イオンは多いですし)的にも、おすすめです。

ここまで褒めまくるとステマっぽくなってきますが、ステマではありません。
ネット検索しても全然出てこないので、知ってもらえたらいいなと思って記事を書いてみました。
[追記]記事がありました。
トップバリュのノートを侮ってましたm(_ _)m | 我流天晴 ReBORN
更新日などからすると、このノートは新商品なのかもしれませんね。
(追記終わり)

A6ノート使いの人には(色んな意味で)ありがたい1冊になると思います。 おすすめです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ