ついにあれを買ってしまいました。

ロディアです。
IMG_9742

デザインいいなーかっけーなーと思っていました。

オレンジのロディア、No.11のサイズ。
IMG_9736

ホワイトのロディア、No.12のサイズ。
IMG_9737


中身はこんな感じ。
IMG_9738
オレンジは、方眼の色が紫に近い色で独特です。
ホワイトは、薄い茶色、書いた文字の見やすさではこっちが上です。 

ロディアは、メモを切り離せるのが特徴です。
この切り離す感覚もなかなか良くて、切り離すときに、一度リセットした感じがします。

写真を見たら分かりますが、ロディアは書き溜めるというよりも、
書いたら破って、次の新しいページ。という作りになっています。

「切り離す」 という行動を挟むことで独特の使用感があるのかもしれません。


さて、そんなこんなで買ってしまったロディアですが、
ぶっちゃけ、一人で使う分にはあまり使い道がありません。
誰かに書いたメモを渡すということもないですし……。

というのも、ロディアだけで成立しないんです。

ロディアにメモして、破ったら、
その破ったメモを収納しておくスペースが必要です。(例:手帳のポケット)
また、そのメモを貼るなら別のノートが必要になってきます。

メモして破るので、普通使うのは表面のみですが、
裏面にも方眼の印刷があります。

なので、再利用も可能ではあります。 
ならば、再利用できる用紙だけを集めるクリップとかまたそういうのが必要です。


とにかくロディアは切り離していくので、いろんなところに散らばっていきます。

散らばったロディアはどこかで置いておかないといけないわけで、
そのためには何かを用意する必要があるということです。 



使ってしばらくたって、
使い心地やデザインは満足ですが、使い方がちょっと難しいと感じました。


「ずっと持ち歩きたいメモに使う」というのには良いかもしれません。
メモにしては丈夫な作り(値段はそれなりにしますし…)に思えるので、耐久性は高いと思います。
なので、ずっと持ち歩くメモ、
つまり使う手帳が変わっても、メモは入れ替えるだけでOKみたいな感じに使えないかなと。

例えば、時刻表なんかは、手帳によく挟まっているだろうと思います。
年が変わって手帳が新しくなったら、前の手帳から時刻表を移動させないでしょうか。
こんな使い方がロディアでもいけるんじゃないかと思うんです。 

メモという切り離された単体だからこそ移動できるんですよね。
これが貼ったり、内容を書き写したりすると、
新しい手帳に移行する時に、同じ作業が必要です。


というわけでロディアの紹介でした。
使い方が難しく値段がそこそこするので、上級者向けな気がしました。

以上solでした。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

さて。待ちに待った無印良品週間が始まりましたね!

一部商品を除いて、10%OFFのセール。
以前から、買おうと決めていたものを買ってきました。

IMG_9773
電卓 10桁 白 (BO-198)

中身を出してみるとこんな感じ。
IMG_9774


無印良品の電卓にはいくつか種類がありますが、
このタイプ電卓は他にはない、少し変わっているところがあります。
(無印良品の電卓でもこのタイプのみ)

IMG_9776

この電卓では、普通、右下に配置されていることの多い、
「+」「-」「=」が右上に配置されています。

そもそもこの電卓は、コンパクトサイズで、スマホを小さくしたぐらいのサイズです。
サイズがサイズなので、筆箱とかにも入っちゃいます。
IMG_9777
(写真右はiPhone 4s。最新のiPhone(iPhone6シリーズ)よりもふたまわり小さいぐらいでしょうか)

なので、片手で使いやすいように、
右上に使うことの多いキーを配置したということみたいです。


私は普段、iPhoneに初期で搭載されている計算アプリを使うのですが、
どうにも使いづらかったので、何か良い電卓がないかと探していました。

でも使うのは、加減乗除程度なので、大きいのはいらない。
むしろスマホぐらい小さいほうがいい。
ということでこれに行き着きました。


実際使ってみると、親指が、「+」や「=」の部分にちょうど届き、
スマホやリモコンを操作する感覚に近かったです。
独特のキー配置に慣れればかなり使いやすくなると思いました。

また片手で使えるので、
片手で計算して、もう片方の手を使って数字をメモできるのが、すごく楽でした。


そしてもう一つ変わっているのが、
IMG_9780
ストラップを付けられる仕様になっているところでしょうか。
上手く活用すれば、小さすぎて無くすということも防げるかもしれませんね。
 
 
あとは、白色ともう一つ、黒色もあります。これはお好みで。


無印良品らしい、シンプルなデザインで、
かつ、片手で使える面白い作りの電卓。

気になった方はいかかでしょうか。

以上solでした。
このキー配列の電卓アプリが出たら便利なのかも……。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ちょっとした改造のお話です。

IMG_9704
無印良品のゲルインキボールペンのブルーブラックは、
他色では0.38mmや0.5mmがあるにもかかわらず、
なぜか0.7mmしか販売されていません。

太い分スラスラ書けていて、いいのはいいのですが、
ブルーブラックの色が好きな(結果、常用している)私にとっては、
細かい文字も書けるように、細いものが欲しいわけです。 


というわけでリフィル入れ替えをやってみました。


調べてみると、UniのUMR-1シリーズには互換性ありとのことだったので購入。
IMG_9703
Uni UMR-1.64 ブルーブラック 0.38mm

IMG_9705
こうして並べてみるとそっくりですね。

これは何の問題もないだろうと思って、さっそく入れてみるのですが、
なんかおかしい。

何かにひっかかって、ペン先が完全に出てこない。

よく見るとこうなっていました。
56345353
この謎の突起のせいで、ひっかかっていたようです。

453434634345343
カッターナイフで削りました。

ちょっと手間がかかりますが、リフィルはそんなに頻繁に交換しないので、
これぐらいの手間でいいのなら、全然問題ありません。

IMG_9708
は、入ったー!!
※ペン先がどの程度出てるかの比較用に、ゲルインキボールペンをもう1つ写しています。
上が無印のリフィル(青色)、下がUMR-1(突起処理済)。

通常のものと比較しても、差がないことから、これで「互換性あり」ということになります。



以上、ブルーブラックを0.7mmから0.38mmにしてみたというお話でした。

リフィルがあるなら、
Uniのほうの本体」を買えばいいのではないかとも思われるかもしれませんが、
これは、私が無印のゲルインキボールペンで揃えているから、
という勝手な理由によるものです(*´∀`)

また、リフィルの写真をよく見れば分かるかもしれませんが、
(印字などから)無印のリフィルもどうもUniが製造してるOEMっぽいので、
そこまで大きくインクの質が変わったりしないんですよね。
(ボール径の変化による書き心地の変化はもちろんあります)
というか、試し書きしたところ大差はないように私は感じました。


無印のゲルインキボールペンについては、また別記事で詳しく書こうかなと考えています。
以上solでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ