前から気になっていた、無印良品の開きやすいノート
IMG_9463

使った感想は……、
うん!最高!!(なんでもっと早く買わなかった)

名前が「開きやすいノート」なので、開きやすいのは当たり前(糸かがり製本です)
IMG_9465
なのですが、
紙!紙がいい!


裏抜けもなく、つるつる感があり、クリーム色というよりか白っぽい紙。
個人的に、つるつる感のある紙とゲルインクボールペンは相性がいいと感じているので、
書き味も良かったです。

説明を見ると、
「リサイクル上質紙」とあります。 
opennote


そうです、無印のスケジュール帳にも使われてる紙です。
opennote2
(再生紙と書かれてるのでややこしいですが)
スケジュール帳の紙、書きやすくてすごくいいなあと思っていたのですが、
この紙と同じでした。


ぶっちゃけ、無印良品の「上質紙」よりも好みです。
時や場合、製品にもよりますが、私の好みは、

再生紙<上質紙<植林木ペーパー<リサイクル上質紙

という感じです。

リサイクル上質紙は製造の都合上、価格が上がってしまうらしいです。
高めなのはこの影響もありそうです。
[参考情報]
上質紙と再生上質紙はどちらが高いのでしょうか? - 原料としてだけ価格を... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1183185136
でも書き味がすごくいいので、これからも買っちゃうと思います。


あと忘れていましたが、
印刷は、「ドット方眼」と「横罫」の2種類があります。
横罫の方は、合わせて縦方向に点線が入っているので、半分方眼みたいになっています。
ちょっと特殊な仕様なので、購入時に要確認ですね。


今回はドット方眼を購入しました。
IMG_9464


自由に書けるんですが、どこか秩序を作ってくれるドット方眼。
これも気に入ってしまいました。

サイズはA5サイズのみ。枚数は96枚、192ページ。

500円するちょっとお高めに感じるノートですが、
500円は高いようで、もしかしたら安かったのかもしれません。
以上solでした。おすすめのノートです!