カテゴリ: 雑記

ファミレスに行く機会があったのですが、
その際、ちょっとしたメモを書くのに、何かないかな、と、
設置されていた紙ナプキンを使ってみたところ、
これが思いのほかいい感じで、一種の可能性を感じました。

 IMG_9900
薄めの紙で、なんだか書くには頼りない気もしますが、
光沢感があって、ゲルインキボールペンなんかだと相性割と良く、
メモもはかどりました。

(テーブルの大きさに対しても、)
閉じて使ってもよし、開いて使ってもよし、という絶妙なサイズで、
相手に何かを書いて示すのにも、使いやすかったです。


もしかしたら、広く一般的に行われているのかもしれませんが、
またファミレスなんかに行く機会があれば、積極的に使っていきたいなと思いました。

ただ、筆記用具は置かれてない場合が普通でしょうから、それは持参しましょう(;´∀`)

以上、solでした。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもよりも大きな無印良品の店舗に行ってみると…
なにやら冊子が置いてありました。

配布物だったので、持って帰ってきました。 
IMG_9170
『無印良品の理由(わけ)』と『外あそび』という冊子です。

『無印良品の理由(わけ)』は無印良品の商品に関することが書いてある冊子でした。
調べてみると、以前にも何冊か発行されているみたいです。(300円で売ってた時もあったらしい)

実は、今回の『無印良品の理由(わけ)』は無印良品の公式サイトでPDF配信されています
というわけで紙の方ではどんな感じか、覗いてみます(同じですけどね)。
IMG_9172
ホチキス部分がちょっと変わった形をしていますね。
ここにリングを通すことでファイリングできますよ~ってことなんだと思います。
(これも以前の無印良品の冊子からあるんだとか)
こういうことにもこだわりが見えてきますね。

IMG_9173
3つに分けられたコンセプトの1つ、「簡素 簡潔」について書かれています。

IMG_9174
お、これいいなーと思った傘。値段……は気にしない!考えるだけ(`・ω・´)

 IMG_9175
カレーのページ。ちょうど数日前からカレーに関するキャンペーンもやってますね。
いつか作ろうと思って、ナン(を作るセット)は買ってあるのですがなかなか実現せず……(おい) 。

という感じで、無印好きの方には楽しめる内容になっていると思います(*´∀`)
2月発行と書いてあったので、
紙の冊子が欲しい場合は早めにお店に向かうのがいいかもしれません。


それともう一冊の方、『外あそび』ですね。
こっちは7月発行とあったのと、PDFにもなってないので中身の写真は載せませんが、
無印良品のキャンプ場つながりの、山のアウトドア特集で、
釣りの話や、持ち物の話しなんかが綺麗な写真と共に載っていました。 

レイアウトが綺麗で、
紙の読み物を見る(読む)機会が減っていたのでいい機会になりました。


以上、無印好きが深まるばかりのsolでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

MOLESKINE。
スマホが成長し、どんどんデジタルが伸びていく中で注目された、
アナログのツールでした。
デジタルでは、Evernoteが流行っている頃。

その頃は、ログ取りに必死でした。


円高で今のほぼ半額ぐらい(当たり前のように1000円以下)でMOLESKINEが買えていました。 

ハードカバーにゴムバンド、最後にはポケット。
その見たことがないぐらい豪華なメモ帳。
愛着がわく。
ステッカーを表紙に貼り付けカスタマイズ。
余計に愛着がわく。 
冊数が増えてくると、1冊1冊に名前をつける。
愛着がわきすぎている。

モレスキンの活用に関する本が出版されたり、
とても盛り上がった。


今思うと、ログ取りの重要性とメモのノウハウはここで得た気がする。
全部のページにページ番号を先に書き込むとか、
日付/タイトルは一行目とか
別にシールとかレシートとかなんでも貼っていけばいいんだよ、とか。
誰かにノートに書き込んでもらうのも面白いよ、とか。


そしてそのメモがどれだけ頭を開放し、すっきりさせてくれるか。
何年かして読みなおして、どれだけニヤニヤできるか。

結局2年ほどで、MOLESKINEを"書かねば"状態に陥っていたので、やめました。
ログを取るほど面白い生活を送っていなかったというのもありますが、
それはまた別の話……。

「日記」という堅苦しい考えから開放してくれたライフログ。
「日記」は、一日あったことを、とりまとめて書くログですが、
毎日続けなきゃとか、文字と絵だけ(というイメージ)とか。で、どこに楽しみがあるのかと思っていました。

でもライフログはあったことをただ書くだけ。簡単。いつ書いてもいい。
◯◯して✕✕と思いました。とかいう感想も書いても書かなくてもいい。
入場券とかシールとかはバンバン貼ってダイレクトに残せばいい。
その自由な方法に当時はほえーと思ったものです。

そして同時に手書きの良さを感じることになります。
雑い字は忙しさを表し、綺麗な字は、余裕とやる気の高さを表します。
今でも私の場合は、手書きメモのほうが、デジタルメモよりも速いと思います。
デジタルオンリーになりかけた私に、アナログも与えたMOLESKINE。


そしてまた数年後…
またログ取りを始めました。
いろいろ見直そう思って。

今日もこうやって過ごしているけど、今日書いたログはまた数年後に読み返して、
ニヤニヤしていることでしょう。


ログ取りは楽しいですよ。
日記が続くのは、楽しいからですよ、きっと。
楽しくメモする方法をいろいろ調べてみてください。
きっとたくさん出てくるはずですから。

ログを取る中で、ここは私、頑張ったなとか、
書きつつも、褒めてやれると、さらにいいかもしれませんね。


私にとってMOLESKINEは人生においてかなり重要なポイントになったと思います。
そんな昔話でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ