タグ:無印良品

さて。待ちに待った無印良品週間が始まりましたね!

一部商品を除いて、10%OFFのセール。
以前から、買おうと決めていたものを買ってきました。

IMG_9773
電卓 10桁 白 (BO-198)

中身を出してみるとこんな感じ。
IMG_9774


無印良品の電卓にはいくつか種類がありますが、
このタイプ電卓は他にはない、少し変わっているところがあります。
(無印良品の電卓でもこのタイプのみ)

IMG_9776

この電卓では、普通、右下に配置されていることの多い、
「+」「-」「=」が右上に配置されています。

そもそもこの電卓は、コンパクトサイズで、スマホを小さくしたぐらいのサイズです。
サイズがサイズなので、筆箱とかにも入っちゃいます。
IMG_9777
(写真右はiPhone 4s。最新のiPhone(iPhone6シリーズ)よりもふたまわり小さいぐらいでしょうか)

なので、片手で使いやすいように、
右上に使うことの多いキーを配置したということみたいです。


私は普段、iPhoneに初期で搭載されている計算アプリを使うのですが、
どうにも使いづらかったので、何か良い電卓がないかと探していました。

でも使うのは、加減乗除程度なので、大きいのはいらない。
むしろスマホぐらい小さいほうがいい。
ということでこれに行き着きました。


実際使ってみると、親指が、「+」や「=」の部分にちょうど届き、
スマホやリモコンを操作する感覚に近かったです。
独特のキー配置に慣れればかなり使いやすくなると思いました。

また片手で使えるので、
片手で計算して、もう片方の手を使って数字をメモできるのが、すごく楽でした。


そしてもう一つ変わっているのが、
IMG_9780
ストラップを付けられる仕様になっているところでしょうか。
上手く活用すれば、小さすぎて無くすということも防げるかもしれませんね。
 
 
あとは、白色ともう一つ、黒色もあります。これはお好みで。


無印良品らしい、シンプルなデザインで、
かつ、片手で使える面白い作りの電卓。

気になった方はいかかでしょうか。

以上solでした。
このキー配列の電卓アプリが出たら便利なのかも……。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ちょっとした改造のお話です。

IMG_9704
無印良品のゲルインキボールペンのブルーブラックは、
他色では0.38mmや0.5mmがあるにもかかわらず、
なぜか0.7mmしか販売されていません。

太い分スラスラ書けていて、いいのはいいのですが、
ブルーブラックの色が好きな(結果、常用している)私にとっては、
細かい文字も書けるように、細いものが欲しいわけです。 


というわけでリフィル入れ替えをやってみました。


調べてみると、UniのUMR-1シリーズには互換性ありとのことだったので購入。
IMG_9703
Uni UMR-1.64 ブルーブラック 0.38mm

IMG_9705
こうして並べてみるとそっくりですね。

これは何の問題もないだろうと思って、さっそく入れてみるのですが、
なんかおかしい。

何かにひっかかって、ペン先が完全に出てこない。

よく見るとこうなっていました。
56345353
この謎の突起のせいで、ひっかかっていたようです。

453434634345343
カッターナイフで削りました。

ちょっと手間がかかりますが、リフィルはそんなに頻繁に交換しないので、
これぐらいの手間でいいのなら、全然問題ありません。

IMG_9708
は、入ったー!!
※ペン先がどの程度出てるかの比較用に、ゲルインキボールペンをもう1つ写しています。
上が無印のリフィル(青色)、下がUMR-1(突起処理済)。

通常のものと比較しても、差がないことから、これで「互換性あり」ということになります。



以上、ブルーブラックを0.7mmから0.38mmにしてみたというお話でした。

リフィルがあるなら、
Uniのほうの本体」を買えばいいのではないかとも思われるかもしれませんが、
これは、私が無印のゲルインキボールペンで揃えているから、
という勝手な理由によるものです(*´∀`)

また、リフィルの写真をよく見れば分かるかもしれませんが、
(印字などから)無印のリフィルもどうもUniが製造してるOEMっぽいので、
そこまで大きくインクの質が変わったりしないんですよね。
(ボール径の変化による書き心地の変化はもちろんあります)
というか、試し書きしたところ大差はないように私は感じました。


無印のゲルインキボールペンについては、また別記事で詳しく書こうかなと考えています。
以上solでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_9581

今日は無印良品の中性ゲルインキ六角ボールペンについてです。

以前から気になっていたので購入してみました。
今回買ったのは、ブルーブラック/0.25mmです。

無印のペン類としてはちょっとお高めの210円です。
ですがその分、ペン軸のデザインが面白いことになっていました。


まずそもそも、これを買ったのも「なんかかっこいいな」と思ったからです。
六角軸でかっちりしたデザインがいいなと思っていました。

キャップを外すとこうなっています。
IMG_9667
ペン先の金属部分を見てください。
マット加工(多分)なんですこれ!

どういうことかというと、こういうことです。
IMG_9668
多くの場合は、ペン先に金属(または金属風)のカバーがついているとき、
ピカピカ反射するタイプのものが多いのですが、
この六角ボールペンに関しては、反射にしくく加工されているのです。

これもまた、私がちょっとかっこいいなと思う理由の1つになりました。


あとは、
ペン軸の部分が、エラスティック素材でコーティングしてあるという点です。
ゴムのような感触で、ちょうどいい感じに滑り止めをしてくれます。
ペンの色に応じたカラーでコーティングされるので、
ブルーブラックは黒はかなりかっこよく感じます。
逆にピンクや水色だとPOPな感じになるかも。


書き味については、ガリガリ書いていくタイプです。
ハイテックCとかと同じ系統だと思います。

一応、中身のボールペンがPentelのスリッチと言われているので、
それと同じだと考えればいいかと思われます。

インクについては、染料インクなので、水に触れると滲んでしまうタイプになります。


さて、ここまで順調な六角ボールペンですが、一つ言われていることとして、
キャップが開きにくい
というのがあります。

キャップとゴムが密着してしまうと、滑り止めと同じで動かなくなるので、
キャップが開きづらくなってしまう。
ということです。

図だとこういうことです。

新規キャンバス

なので、キャップが開けにくい件に関しては、
まずキャップとペン軸のずれを直す
つまり、上の図の左側の状態に戻すことで解決できます。

個体差でそもそも開きづらくなっているものがあるようですが、
これについては、購入前に一度キャップが開くかどうかをテストすると回避できます。


デザインに惚れて、握った時の独特の感触に惚れた、
無印良品の中性ゲルインキ六角ボールペンでした。

本体(とリフィル)は210円で高めですが、
リフィル単体だと、84円なので、長期間使って行くことも可能です。

以上solでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

無印のシャーペンまとめの記事のアクセス数が多かったので、
種類が多くて比較しづらい、無印のノートについてまとめてみました。
メモやらくがき帳、スケッチブックなどは今回は載せていませんのでご注意を。


※注意
以下のデータは、
私が無印の公式サイトなどから得た情報や、自分の予想を元に書かれています。
特に自分の予想で書いた部分は、()で括っていますので、参考程度としてお考えください。
値段は、2015/08時点のもので、税込価格です。
正確な値段は必ず、ネットストアや店頭で確認して下さい。
品揃えも、2015/08時点のものです。
販売終了になっている可能性もありますので、ご注意ください。
なお、データの更新は、私の気まぐれで行われたり行われなかったりすることをご了承ください。

(ひとます、ネットストアへの商品リンクの追加を考えています。)


■再生紙ノート
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
7mm横罫A430枚/60ページ(ベージュ)¥168糸綴じ再生紙A
6mm横罫B5(ベージュ)¥95
A5¥84
B6¥80
A6¥74
5mm方眼B5ダークグレー¥95
A5¥84
B6¥80
A6¥74
無地B5ベージュ¥95
A5¥84
B6¥80
A6¥74
家計簿A532枚/64ページ(クラフト表紙)¥100(中綴じ)

■再生紙ダブルリングノート
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
無地B580枚/160ページベージュ¥263ダブルリング再生紙A
A5¥231
B6¥210
A6¥180
B5ダークグレー¥263
A5¥231
B6¥210
A6¥180

■植林木ペーパー裏うつりしにくいダブルリングノート
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
7mm横罫B548枚/96ページベージュ¥120ダブルリング植林木ペーパー(新)
A5¥100
6mm横罫A6¥90
A7¥80
7mm横罫B5ダークグレー¥120
A5¥100
6mm横罫A6¥90
A7¥80

■植林木ペーパー裏うつりしにくいノート セット
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
6mm横罫B530枚/60ページ×5背クロス5色¥220無線綴じ植林木ペーパー(新)
A5¥200
■植林木ペーパーノート セット
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
6mm横罫B530枚/60ページ×5背クロスグレー¥200無線綴じ植林木ペーパー(旧)
(ベージュ)¥300シングルリング

■上質紙滑らかな書き味のノート
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
6mm横罫A572枚/144ページダークグレー¥350糸かがり綴じ上質紙B
B6¥300
A6¥250
■上質紙滑らかな書き味のダブルリングノート ゴム留付
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
6mm横罫A570枚/140ページダークグレー¥500ダブルリング上質紙B
B6¥450
A6¥400
■上質紙滑らかな書き味ハードカバーノート
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
6mm横罫A696枚/192ページダークグレー¥800(糸かがり綴じ)上質紙B
¥700
※91×160mm 測量野帳と同じサイズ

■リサイクル上質紙開きやすいノート
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
6mm横罫 ※A596枚/192ページ(ベージュ)¥500糸かがり綴じリサイクル上質紙
ドット方眼
※補助縦線有り

■リサイクル上質紙ダブルリングノート ゴム留付
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
ドット方眼A570枚/140ページ(ベージュ)¥400ダブルリングリサイクル上質紙
A6¥300

■ポリプロピレンカバーダブルリングノート
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
ドット方眼A590枚/180ページ¥420ダブルリング(再生紙C)
B6¥367
A6¥315
■ポリプロピレンカバーダブルリングノート ポケット&ゴム留付
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
ドット方眼A590枚/180ページ¥550ダブルリング(再生紙C)
B6¥500
A6¥450

■再生紙モバイルノート
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
無地A5スリム40枚/80ページ(ベージュ)¥158無線綴じ再生紙D
A6スリム¥126

■再生紙本ノート シリーズ
印刷サイズ枚数/ページ数カラー価格製本紙質
無地文庫本 ※1144枚/288ページ(ベージュ)¥147天アンカット再生紙B
50枚/100ページ¥116
単行本 ※2184枚/368ページ¥210
※1 約148×105mm ほぼA6に同じ
※2 約195×137mm


※紙質について
再生紙、上質紙などがありますが、同じ名前でも紙質が異なる場合があるので、
一部のものについては、記号を付けて区別しています。
私の個人的なわけ方で、公式な情報ではないので、
参考程度ということでお願いします。
再生紙A日本製再生紙ノートなど広く使われている。ちょっとひっかかりがある。
再生紙B日本製クリーム色で少しつるつるしている。文庫本・単行本ノートで使われている。
再生紙C中国製リサイクル上質紙に近い紙質。裏抜けも少ない。
再生紙Dインドネシア製作者未使用のため不明。インドネシア製なので一応区別。
植林木ペーパー(新)インドネシア製片面つるつる片面ざらざら。(旧)より裏写りが比較的しにくくなったらしい。
植林木ペーパー(旧)インドネシア製作者未使用のため不明。(新)より裏写りがしやすいかも。
上質紙B日本製滑らかな書き味な上質紙。スケジュール帳などの上質紙と区別。
リサイクル上質紙日本製裏抜けが少なく、ツルツルとした紙。


というわけで以上データでございました。
趣味がいきすぎました。ここまでいくと変人を超えて、もはや変態です。 
参考になれば幸いです。
以上solでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

前から気になっていた、無印良品の開きやすいノート
IMG_9463

使った感想は……、
うん!最高!!(なんでもっと早く買わなかった)

名前が「開きやすいノート」なので、開きやすいのは当たり前(糸かがり製本です)
IMG_9465
なのですが、
紙!紙がいい!


裏抜けもなく、つるつる感があり、クリーム色というよりか白っぽい紙。
個人的に、つるつる感のある紙とゲルインクボールペンは相性がいいと感じているので、
書き味も良かったです。

説明を見ると、
「リサイクル上質紙」とあります。 
opennote


そうです、無印のスケジュール帳にも使われてる紙です。
opennote2
(再生紙と書かれてるのでややこしいですが)
スケジュール帳の紙、書きやすくてすごくいいなあと思っていたのですが、
この紙と同じでした。


ぶっちゃけ、無印良品の「上質紙」よりも好みです。
時や場合、製品にもよりますが、私の好みは、

再生紙<上質紙<植林木ペーパー<リサイクル上質紙

という感じです。

リサイクル上質紙は製造の都合上、価格が上がってしまうらしいです。
高めなのはこの影響もありそうです。
[参考情報]
上質紙と再生上質紙はどちらが高いのでしょうか? - 原料としてだけ価格を... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1183185136
でも書き味がすごくいいので、これからも買っちゃうと思います。


あと忘れていましたが、
印刷は、「ドット方眼」と「横罫」の2種類があります。
横罫の方は、合わせて縦方向に点線が入っているので、半分方眼みたいになっています。
ちょっと特殊な仕様なので、購入時に要確認ですね。


今回はドット方眼を購入しました。
IMG_9464


自由に書けるんですが、どこか秩序を作ってくれるドット方眼。
これも気に入ってしまいました。

サイズはA5サイズのみ。枚数は96枚、192ページ。

500円するちょっとお高めに感じるノートですが、
500円は高いようで、もしかしたら安かったのかもしれません。
以上solでした。おすすめのノートです! 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ